台風の暴風雨の中,若い女性が絞殺される

一昨年はハローキティ誕生30周年とのことで(http://kitty30.com/),各地で(?!)いろいろなイベントが行なわれたらしいです。見かけによらず意外と年とっているんですね(笑)

そのハローキティ,今でこそみんなに愛されるキャラクターになっていますが,その前世は恐ろしい台風だったという衝撃の事実(?!)をご存じでしょうか。

ハローキティが誕生する25年前の1949年8月28日,マーシャル群島北方のマーカス島近海で台風が発生し,キティと命名されました。

キティはその後西北西に進み,30日21時には鳥島の東方約200kmの海上に達し,ここで進路を北西に変え,31日10時ごろ八丈島を通過しました。このとき八丈島では約1時間にわたって眼を観測,また最低気圧957.3mb,最大風速33.2m/s,最大瞬間風速47.2m/sを記録しました。

そして17時ごろ針路を北に転じ,速度を速めながら19時すぎに小田原の西に上陸しました。このときの中心気圧は960mbと推定されています。その後東京の西部,熊谷付近を通過して,二百十日の9月1日00時には日本海に抜けて温帯低気圧になりました。

キティの通過が満潮時と重なったため,東京の潮位は3.15mを記録するなど,東京湾では1917年以来の高潮に見舞われました。このため江東区の南砂町では約5000人が孤立,また横浜港では船舶の沈没・流出が134隻に達するなど,開港以来の惨状を呈しました。

雨は総量としては少なかったのですが,山間部の東および北東斜面で比較的短時間に多量に降ったところがありました。群馬県の勢多郡東村沢入地区では土石流によって31人が犠牲になりました。また桐生市では渡良瀬川の堤防が決壊し,30人が死亡または不明になりました。

キティ台風による被害は死者不明160,負傷479,破損住家17203,浸水144060,船舶2907に及びました。

ところで,翌2日の新聞に気になる事件の記事が載っています。

一日朝九時ごろ荒川区南千住一〇の一四〇都営住宅止宿,露天商斎藤作次(六一)さん長女登美子(二〇)さんが自宅四畳半で黒のモンペ姿のままうつ伏せとなり絞殺されているのを隣家の石井商二(五七)さんらが発見,南千住署汐路橋派出所に届け出た……犯行時刻は同地一帯が浸水のため付近の学校に避難した午後九時半過ぎらしく室内は台風準備がキチンとされ紛失物も暴行された形跡もないが卅一日夜まで登美子さんと一緒にいた父作次さんの姿が見えぬのでその行方を探している
(9月2日付読売)

現場の自宅は台風で水びたし,ガラス戸が壊れ家具も散乱していた。(9月2日付朝日)

要するに,荒川区南千住で1日09時ごろ,台風で水びたし,ガラス戸も壊れている住宅の中から,若い女性の絞殺死体が発見されたというのです。しかも父親は行方不明。犯行はキティ台風の暴風雨の最中に行なわれたらしい……。

被害者の女性は汐路小町とよばれる美人だったそうです。

この事件は解決したのでしょうか。気になります。気になるその後については暴風雨の中の惨劇その後 | Notenki Express 2014をご覧ください。

このキティ台風のように,敗戦直後のある時期,細かくいえば1947年から1952年にかけて,台風には英語の女性名がつけられていました。最初に女性名がついたのは1947年の3番目の台風で,キャロルCarolでした。そして,この年に東京の下町を水没させたカスリーン台風によって,この女性名シリーズが一般に認知されたようです。

カスリーン台風の後も,毎年のようにアイオン(1948),デラ(1949),上で紹介したキティ(1949),そしてジェーン(1950)などがやってきて大きな被害をもたらしました。

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ

(2015/08/31(Mon)一部修正)

南鶴ヶ城を望めば砲煙あがる

白虎隊を知っている人ってどのくらいいるのでしょうか。福島県生まれ(会津生まれではありませんが)
の私は子どものころから不正確ながらも知っていましたけれど,全国的な知名度はどの程度なのでしょうか。その昔年末ドラマにもなりましたが,
当時若者だった白虎隊士も,いまではいいオッサンになっています(笑)

白虎隊を『大辞林』で引くと,次のように書いてあります。(ちなみに『広辞苑』に書いてあるのはかなりデタラメ)

1868年,維新政府軍の来襲を迎えた会津藩が,兵制改革の一環として一六,七歳の藩士の子弟をもって編成した少年隊。
飯盛山における隊士二〇名の自刃は,会津藩の悲劇を象徴する事件となった。

つけ加えると,20名のうち1名は命を取りとめました。また,このときの20名が白虎隊のすべてではなく,
彼らは白虎隊の中の士中二番隊(隊士数37名)に属していました。

さて,前置きが長くなりましたが,新政府軍を迎え撃つため白虎士中二番隊が出陣したのは慶応四年八月二十二日
(現在の暦で1868年10月7日)午後のことでした。戦闘は膠着状態のまま夜になり,
深夜になって白虎士中二番隊は新政府軍を挟撃しようと移動をはじめましたが,
このときに食料を調達しにいった隊長の日向内記とはぐれてしまい,その後のいきさつには不明な点があるものの,
要するに城を枕に討ち死にしようと鶴ヶ城へ帰城しようとします。

ぬかるみや冷たい水の流れる弁天洞など困難な行軍の末に城から2.8kmほどの飯盛山に辿りついたのは,
翌二十三日午後2時ごろのことでした。そこから城を眺めると,城下からは紅蓮の炎が上がり,城は黒煙に包まれているように見えました。

鶴ヶ城を望めば砲煙あがる
痛哭涙をのんで且彷徨

20人はもはやこれまでと自分で喉を突いたり互いに刺し違えたりして自刃しました。

宗社亡びぬ我が事おわる
十有九士屠腹して斃る

その中の1人が奇跡的に命を取りとめたことは前に書いたとおりです。

しかし,名城鶴ヶ城はこのときはまだびくともしていませんでした。このあと1か月もちこたえます。ただ,
城下に火の手が上がっていたのは事実で,彼らには城がこの炎に包まれているように見えたようです。

一方,ちょうどこのころ,台風が太平洋岸を北上中でした。十九日に仙台に向けて品川を出港した榎本武揚の艦隊が,
二十一日の夜半から暴風雨に遭い,大きな損害を出しています。

二十二日の会津地方は台風の少なくとも強風域にはいっていたようです。
白虎士中二番隊は空腹と過度の緊張に加え激しい風雨の中での行動を強いられることになり,
飯盛山に辿りついたときには疲労も極限に達していたことでしょう。

キャンプ中の中州に濁流 9人死亡

川の中州でキャンプしていたところを増水によって流された……という事故としては,1999年8月14日に起こった玄倉川での事故がDQNの川流れとして有名です。しかし,いまからちょうど40年前の1966年8月14日,同じような事故が宮崎県の境川で起こりました。

宮崎市立青島中学校では8月12日から14日の予定で,地区ごとの生徒会がそれぞれ校外活動を行なうことになっており,青島七区会は山之口町営青井岳キャンプ場でキャンプを行なう予定を立てていました。メンバーは,生徒女子9人,男子2人,引率の教師2人の総勢13人。

12日にさっそくテントで泊まるつもりでしたが(キャンプに来たのだから当然といえば当然),貸しテントに余裕がなかったため(このあたりからすでに計画に齟齬が生じている?),この日は近くの山之口中学天神分校で1泊することになりました。

13日には貸しテントに余裕ができたのと,どうしてもテントで寝泊まりしたいという生徒の希望もあり,テントを張ることになりますが,なんと生徒が希望するまま川の中州に張ってしまったのでした。このとき,キャンプ場の管理人は悪天候を警告しましたが,教師は2人とも聞き入れませんでした。ちなみに,川の中州はキャンプ場の管理外でした。

このころ,“弱い熱帯低気圧”(死語)が沖縄付近をゆっくりと北上していて,14日未明には台風13号になりました。この影響で,紀伊半島から西の太平洋側と九州では断続的に強い雨が降っており,国鉄日豊線や日南線が不通になるなどの被害が出ていました。宮崎地方気象台では13日10時30分に大雨に関する情報を出しています。

14日6時半ごろ,教師の1人が目を覚ましたときにはテントの足もとまで水が来ていました。危険を察知したこの教師は,ロープを対岸に投げ,そのロープを伝って救援を求めに行きました1

救援隊が駆けつけ,中州の12人にロープを投げましたがうまくいかず,「ロープをつかんでからだに巻け」と叫んでも濁流にかき消されました。当時はレスキュー隊のような高度に訓練された組織はなかったので,救援隊といってもできることは限られていました。

9時30分ごろ,中州に残った12人はいよいよ危なくなり,テントを浮き袋がわりにして川を渡ろうとしましたが,すぐに濁流にもまれ,男子2人と教師1人は岸にたどり着き,女子1人が近くの岩にしがみつき,女子8人が流されました。

結局,岸に泳ぎ着いた男子2人と岩にしがみついた女子1人のみが助かり,流された女子8人と,いったんは岸にたどり着いたものの再び濁流に戻っていった教師1人の合わせて9人は帰らぬ人となりました。

1966年当時から川の中州でのキャンプは危ないという認識はあったようです。しかも大雨による各地の被害が報じられているのにキャンプを強行したというだけでなく,あろうことか中州にテントを張ったということがこの事故の原因であることは明らかであり,100%引率した教師の責任であるといっても過言ではないでしょう。

しかし,業務上過失致死を問われた裁判でなぜか無罪になりました。あまり信用できる資料ではないですが,「全く異例の突発的局地的集中豪雨という偶然的、不可抗力的事実に基因するものである」というのがその理由です。何をもって“異例の突発的局地的集中豪雨という偶然的、不可抗力的事実”とするのかこれだけではわかりませんが,仮に同じ事故がいま起こったとすると,おそらく有罪になります。当時よりも気象情報は簡単に入手できますし,安全に対して責任ある立場の人間が無知を理由に免罪されてはいけません。

それにしても,この事故から33年も経った1999年の同じ日に再び同じような事故が注目されるとは,一部のDQNな人間の所行とはいえ,つくづく人間って何の進歩もない存在だと知らされます。

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村


  1. 新聞によって救援要請への行きかたが違います。 

DQNの川流れ

前回の日記で名前だけ出てきたあの事故ですが,もう7年も前ですからカビが生えているかも知れません。
でも,次の動画を見ると思い出すかも知れません。

http://www.youtube.com/watch?v=-BaPS5p2CnY

当時のニュースネットから引用します。

   北上する熱帯低気圧の影響で、関東地方は13日夜から14日にかけて激しい雨が降り、各地に大きな被害をもたらした。
  神奈川県山北町では、玄倉(くろくら)川の川岸でキャンプ中だった子ども5人を含む18人が増水で中州に取り残された。
  14日朝から現地の消防組合などが出動したが、救出作業中に鉄砲水で全員が流された。このうち4人は自力で対岸に泳ぎ着くなどしたが、
  同日夜になっても14人が行方不明になっている。県は不明者の捜索、救助のため、自衛隊に災害派遣を要請した。神奈川県では、
  藤野町の道志川でもキャンプ中の男性2人が行方不明になっている。厚木市相模川河川敷でも3人が中州に孤立したが、
  海上自衛隊のヘリに救助された。多摩川の増水で、東京都世田谷区や川崎市幸区では一部住民に避難勧告が出された。
 
   神奈川県警松田署などによると、玄倉川でキャンプをしていたのは、横浜市金沢区のスクラップ会社「富士繁(ふじしげ)」
  の社員やその家族ら。一行は13日に21人で、玄倉発電所の上流約100メートルの川岸でテントを張ってキャンプを始めたが、
  うち3人はその後引き揚げたという。
 
   雨が激しくなった午後8時過ぎ、玄倉発電所を管理する県企業庁の見回り職員が一行に避難を勧めたが、断られたという。
  松田署も避難を呼びかけていた。
 
   14日午前8時過ぎ、発電所職員が、中州になり、孤立している18人を発見。午前9時過ぎ、
  通報を受けた足柄上消防組合の6人が現場に到着したが、増水で中州は覆われていた。川岸からロープを渡して救助を試みたが、
  11時40分ごろ、鉄砲水があり、18人が次々と川に流された。
 
   1歳の男児1人はすぐに救出され、さらに夕方になって、子ども1人を含む3人が対岸にいるのが確認された。
  残る14人の行方はわかっていない。(asahi.com)

  1999081409

ちなみに,
この事故の現地からのレポートでなんたら予報士の資格をもつと思われるレポーターが1時間に38mm程度の雨に対し力を込めて
“記録的な大雨”などといっていましたが,この程度の雨ならいつどこで降ってもおかしくありません。
どういうつもりのレポートだったか知りませんが,あのような増水は日常的に起こることを強調すべきだったでしょう。実際,
地元の人の話によると年に数回は起こっているとのことでした。

ところで,DQNの川流れには先例があります。ちょうど40年前に起こった事故です。


http://notenkiexpress.blog95.fc2.com/blog-entry-334.html

DQNな教師に引率された生徒たちの悲劇です。